事務所案内

所得税調査、申告漏れ額8884億円

1割の実地調査で申告漏れの6割把握

国税庁によると、個人に対する今年6月までの1年間(2016事務年度)の所得税調査は64万7千件行われ、約62%にあたる40万件から8884億円の申告漏れ所得を見つけた。その追徴税額は1112億円。1件平均137万円の申告漏れに対し17万円を追徴した。

実地調査における特別調査・一般調査(高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に行う深度ある調査)は、4万9千件を実施、うち約88%にあたる4万3千件から総額4499億円の申告漏れ所得を見つけ、753億円を追徴。件数では全体の7.6%に過ぎないが、申告漏れ所得金額は全体の50.6%を占めた。調査1件あたりの申告漏れは918万円と、全体の平均137万円を大きく上回る。

また、実地調査に含まれる着眼調査(資料情報や事業実態の解明を通じて行う短期間の調査)は2万1千件行われ、うち1万6千件から860億円の申告漏れを見つけ、66億円を追徴。1件あたり平均申告漏れは405万円。一方、簡易な接触は57万7千件行われ、うち34万2千件から3525億円の申告漏れを見つけ293億円を追徴。1件あたりの平均申告漏れは61万円だった。

実地調査トータルでは、7万件の調査を行い、うち5万8千件から5359億円の申告漏れを見つけ、819億円を追徴。つまり、実地調査件数は全体の10.8%と1割に過ぎないが、申告漏れ所得全体の約6割(60.3%)を把握している。

最新情報

一覧を見る

2018.01.09
自社経営診断のススメ
2018.01.09
調査日数は1日か2日で終了が64% 調査結果は「修正申告」が75.0%
2017.12.04
所得税調査、申告漏れ額8884億円
2017.11.04
マンションの修繕積立金の会計処理
2017.11.02
軽減税率制度とは?
2017.11.02
概算要求とは?
2017.10.02
財政を月収30万円の家計に例えると 給料水準を上回る50万円の支出を維持
2017.10.02
青色事業専従者給与の特例とは 勤務実態と金額の妥当性に注意!
2017.09.04
即時償却とは?
2017.08.02
早期経営改善計画(補助金)とは?

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・無料相談

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・無料相談

会社設立を行いたい方

創業融資が必要な方

コンテンツ

お客様別サービス

実績エリア

下記地域外の方も一度お気軽にお問い合わせください。

【名古屋市全域】
天白区、緑区、瑞穂区、昭和区、中区、中村区、西区、東区、名東区、千種区、北区、熱田区、中川区、南区、港区、守山区

【愛知県内】
一宮市、岩倉市、北名古屋市、小牧市、春日井市、瀬戸市、尾張旭市、日進市、豊田市、刈谷市、豊明市、大府市、東海市、長久手町、東郷町、三好町 他

【大阪府】
大阪市、豊中市、吹田市、摂津市、東大阪市、堺市 他

【全国】
京都府、兵庫県、千葉県、東京都

事務所外観

外観

■所在地
愛知県名古屋市天白区古川町150番地 G-UP野並301号

■電話番号
0120-678-675

Copyright ©2015 森本経営会計事務所 All Rights Reserved.